ネット収入侍-ネットでお小遣い-

 HOME > Part.1 税金編  Part.2 ネット・パソコン用語編
コラム : ネット収入の素朴な疑問 税金編

 就職している人の税金
インターネットで得た収入に、税金はかからないようにお思いかもしれませんが、収入がある以上税金もちろん税金がかかります。
サラリーマンの月収も、金額に応じてネットで得た収入も、同じ収入ですから税金を納める必要があります。

しかし、1円からなどという小さな金額からではなく、働いている人は勤め先以外からの収入(所得)が年間20万円を超える場合や
個人事業主として一定以上の収入(所得)がある場合に、収入(所得)に応じて納税する義務が生じます。
この一連の納税手続きを "確定申告" と言います。

税金は、収入(所得)から電気代やプロバイダ費用などの必要経費を差し引いた額にかかります。
どのくらいの経費が認められるのかは税務署の判断により異なります。

要するに、就職していて年収2000万円以下の人はネット収入が年間20万円未満なら確定申告は必要ないということです。

 学生・主婦(未就職)の人の税金
ネット収入を得ている方には、学生やフリーター、主婦などの未就職の方もいらっしゃるでしょう。
これらの人のネット収入にかかる税金は、 "所得控除" の額を超えた場合にかかります(確定申告をする必要)。
 − 所得控除 : 病気や災害の出費など、個人的な事情を考慮して収入(所得)から、その納税者の状況に応じて差し引く税負担。

所得控除は
 − 未婚・子供なし   年間38万円
 − 配偶者有り   年間114万円 (妻が未就労の場合)
 − 配偶者・子供一人(未就学)   年間162万円

要するに、未婚の学生は総収入が年間38万円を超えると "確定申告" が必要です。
この金額を超えないようでしたら申告の義務は生じません。
ちなみにこっちも、税金は収入(所得)から電気代やプロバイダ費用などの必要経費を差し引いた額にかかります。
※預貯金などの利子は課税外です。


  HOME
  Part.2 ネット・パソコン用語編に進む→

ネット収入侍 -お小遣いサイトを一刀両断!お小遣いを稼ぐ!- ネット収入、インターネットでお小遣い パチスロ・北斗の拳攻略特集 コンポ専門ショップ -Only Shop  Audio/One-
Copyright(C)ネット収入侍 All rights reserved since 2004
\\ ここのサイト内の文章・画像等の無断転載は固く禁止します \\